音速弾(ソニックブリット)

音速弾(ソニックブリット)
出典:テニスの王子様 第19巻 168ページ 著者:許斐剛

音速弾(ソニックブリット)は不動峰・神尾の高速スライスショット。超スピードで走り込んだ勢いを活かしてランニングショットにアンダースピンをかけることで初速よりもバウンド後さらにスピードが増し、驚異的な動体視力を持つ千石ですら返せないスピードとなる。

技データ

  • 球威
  • 作中では触れられていないがアンダースピンをかけているためトップスピンよりも球質は軽くなる。

  • 使い勝手
  • 神尾の超人的な走り込みのスピードがあってこそ打てるということから打球にスピードをつけるために少なからず前方に走り込んでいると考えられる。そのため走り込む余裕がなかったり相手のボールが深く下がって返球しなければならない場合は打つことはできない。

  • 回転量
  • 橘いわく「超回転の滑るショット」とのことだが回転をかけすぎればボールに速度が出ないためスライスの割には回転量が多いと解釈するべきだろう。

  • 決定力
  • 常人の目には打球が追えないほどで動体視力が売りの千石ですら見ることはできても返すことはできなかった。

テニス経験者から見た 音速弾(ソニックブリット)

どんなショットであれ初速が一番速いのだがスライス回転の打球はバウンド後より鋭角になって滑るような軌道を描くため体感的には速くなったように感じるというのがこのショットのカラクリだろう。

トップスピンが一般的になる前は全く回転をかけないフラットショットよりも打球も安定するため攻撃の際によく使われた。ただ、音速弾(ソニックブリット)の場合は走り込んだ勢いを活かして~とあるがもし全力疾走した勢いを殺さずにボールを打とうものなら体の軸がブレてまともにヒットできないだろう。

スポンサード リンク

シェアして下さると嬉しいです

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事を面白いと思っていただけましたら是非ソーシャルでお友達とシェアして下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加