零式ドロップショット

零式ドロップショット
出典:テニスの王子様 第14巻 12ページ 著者:許斐剛

零式ドロップショットは手塚国光の伝家の宝刀。通常のドロップショットとは異なりボールが地面に着くと全く跳ねずにバックスピンにより手前に戻るスーパーショットで、これを返すためにはボールがバウンドする前に返球するしかない。

技データ

  • 球威
  • ドロップショットは打球の威力をいなしてなるべくネットギリギリに落とすショットのため威力は極限まで削減されている。

  • 使い勝手
  • 不二のつばめ返しのように相手の回転を利用する技ではなく使用条件が特に縛られていないためほぼいつでも使用可能。

  • 回転量
  • ボールが全く跳ねないほどの回転がどのくらいなのかわからないが、少なくとも実現できるレベルの回転数ではない。

  • 決定力
  • 地面に落としてさえしまえばいいため相手がネット前にいるとき以外であればほぼ確実にポイントできる。本来ドロップショットは意表をついたタイミングでなければバウンド後を叩かれてしまうリスクがあるが、全く跳ねないのであればほぼ零式ドロップショットだけで勝てるのではないだろうか。

テニス経験者から見た 零式ドロップショット

典型的なテニヌ技(もはや現実離れしすぎてテニスではない、として生まれた呼称)の一つ。バウンドした後バックスピンで戻るのならある程度技術があれば可能だが全くバウンドしないというのはありえない。

筆者は物理に詳しくないため理論上は可能なのかもしれないが人間業ではないし、仮に人間が狙って打つことができればそもそもテニスのルールが改変されるだろう。

スポンサード リンク

シェアして下さると嬉しいです

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事を面白いと思っていただけましたら是非ソーシャルでお友達とシェアして下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加