堀尾聡史

堀尾聡史
出典:テニスの王子様 第1巻 114ページ 著者:許斐剛

堀尾聡史は青春学園テニス部の1年生。入学前からテニススクールに通っていたためテニス歴は2年。テニスそのものやプレーヤーの知識は豊富で語りだすと止まらなくなることも多いが技術は乏しい。リョーマに対し勝手にライバル意識を持っているが相手にされていない。

堀尾聡史 能力チャート

  • パワー
  • 体格的にも小さく細腕のため筋力はまだまだ不足しているだろう。

  • ウンチク
  • 博識でそれを語るのが大好きなため序盤では解説の役わりを果たしていたが上位互換の乾が登場してしまったためさらに出番がなくなってしまった。

  • テクニック
  • 部活見学ではコートに置いた缶にサーブを当てるゲームでなかなかのコントロールを見せたがその後青学レギュラー陣が尋常でないコントロールを見せたため作中では全く通用しないレベルであることがわかった。
    現実世界ならテニス歴相応の技術は持っているだろう。

  • お調子者度
  • ウンチクを語りだすのはいいが時と場合を選ばないためとばっちりを受けることもある。「越前がレギュラーに入れば自分にもチャンスが・・・」などと舞い上がることもあるが同級生たちにあっさり否定された。

  • カリスマ性
  • ウンチク自慢でこれだけ人を集められるだけでも大したものだ。しかし実力が伴わないため調子に乗るとあきれられるのも早い。

プロフィール

  • 誕生日 9月25日
  • 星座 てんびん座
  • 血液型 O型
  • 身長 151cm
  • 利き腕 右
  • プレースタイル オールラウンダー(理想)

スポンサード リンク

シェアして下さると嬉しいです

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事を面白いと思っていただけましたら是非ソーシャルでお友達とシェアして下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加