鉄柱当て

鉄柱当て
出典:テニスの王子様 第23巻 87ページ 著者:許斐剛

鉄柱当ては丸井ブン太の妙技の一つ。打球をネットを張るためのポール(鉄柱)に当てることで軌道を変えて相手のコートに落とす技で、関東大会決勝のダブルス2ではゲーム序盤からそのタッチ感覚の器用を見せつけ桃城と海堂の度肝を抜いた。

技データ

  • 球威
  • 鉄柱に当ててネット前に落とすことを目的としているため意図的にボールのスピードを殺している。逆にスピードが殺しきれなければまずコートには返球できないだろう。

  • 使い勝手
  • 作中ではダブルス戦で使われているが実際に使用すればまず前衛に返されてしまうため本来はシングルス向けの技と言える。しかし鉄柱に当たったボールがコートに入るとは思いもしないため意表を突く技としては最適だ。

  • 回転量
  • 横回転を与えてコートに戻すのではなく鉄柱に当てる場所を選んでコートに戻しているようだ。

  • 決定力
  • よほど意表をつかない限りダブルスでの決定力は皆無だがシングルスではほぼ確実にポイントできるだろう。しかしわざわざ鉄柱に当ててコートに戻すことで相手に時間を与えてしまうため普通にドロップボレーを打ったほうがいいのではないか。

テニス経験者から見た 鉄柱当て

ルール的には鉄柱とネットの間の横の隙間を通らずに、つまりブン太がやったように鉄柱やネットの上方を通る形でコートに返球されれば有効だが、そもそもポールに当たったボールがコートに返ってくること自体プロの試合でもまず見ない。

そもそもそれだけの技術と余裕があれば普通にアングルボレーを打った方が効果的だろうが、これほどの神業を見せつけること自体に精神的な効果はありそうだ。実際に打たれれば桃城がそうだったようにはじめは唖然としてしまって返球できないだろう。

スポンサード リンク

シェアして下さると嬉しいです

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事を面白いと思っていただけましたら是非ソーシャルでお友達とシェアして下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加