菊丸英二

菊丸英二
出典:テニスの王子様 第15巻 39ページ 著者:許斐剛

菊丸英二は青春学園テニス部の3年生レギュラー。右頬の絆創膏が特徴。典型的なダブルスプレーヤーで、特に柔軟性と瞬発力を活かした前衛でのアクロバティックプレーが得意。大石とともに昨年全国に出場していることから黄金(ゴールデン)ペアと呼ばれている。

並外れた動体視力と瞬発力を誇る反面 持久力に難があり聖ルドルフの赤澤・金田ペアと対戦した際はその動体視力を逆手に取られブレ球によってもともと少ない体力をさらにハイペースで削られてしまった。その敗戦から酸素を薄くしたトレーニングを積み全国大会ではタイブレークでも俊敏に動けるだけの体力を身につけた。

ダブルスプレーヤーの少ない青学において初期からほぼダブルスのみで出場しており、大石が負傷によって欠場していた際は桃城や不二ともペアを組んだ。ちなみにシングルスでの出場は全国大会1回戦で比嘉中のシングルス2甲斐裕次郎と対戦した時のみだが、接戦の末勝利を収めている。

黄金(ゴールデン)ペア

かつて大石が練習試合の補欠に入った際は「地味で大したことないのに」と大石の実力を認めておらず、シングルスの試合を申し込むが4-6と敗北。それでも認めず何度も試合を挑むも結果は変わらなかった。その際大石にダブルスに誘われたものの断っていた。

しかしその後大石が倉庫で壁打ちをしているのを目撃し、大石の実力が努力に裏打ちされていることを知ると「お前を倒す日までダブルス組んでやるよ」と宣言した。こうして青学黄金ペアが誕生した。

大石との絆は深く「一緒に全国のナンバーワンダブルスになろう」という約束を胸に共に戦ってきた大石が負傷した手首が完治していないことから、全国大会のメンバーを自ら辞退した際はショックを受け「もうダブルスはやんない」とまで宣言したが、甲斐との対戦後はダブルスの方が好きなことを痛感し怪我を治して戻ってくるよう大石を激励した。

菊丸英二 能力チャート

  • パワー
  • ボレーを得意とするネットプレーヤーためハードヒットにはほとんど縁がない。

  • フットワーク
  • 分身が見えるほどの高速移動が可能な常識はずれのフットワークを持つうえ、そのプレーを後半まで持続するだけの無尽蔵な体力まで身につけた。

  • テクニック
  • 難しい体勢であろうと難なくボレーができるだけのテクニックと絶妙なボディバランスを持つ。

  • ゲームメイク
  • もともとは大石に任せきりだったが桃城とダブルスを組んだことで先輩としてコート全体を見渡しゲームをコントロールする術を学んだ。

  • カリスマ性
  • 天真爛漫なお調子者だが全く憎めない性格でチームのムードメーカー的な役割も果たしている。

プロフィール

  • 誕生日 11月28日
  • 星座 いて座
  • 血液型 A型
  • 身長 171cm
  • 体重 52kg
  • 利き腕 右
  • プレースタイル サーブ&ボレーヤー
  • 足のサイズ 24.5cm
  • 視力 左1.0右0.8
  • ラケット DUNLOP(レヴェレーション プロツアーシリーズ90)
  • シューズ WILSON(スラッシュ DTミッド)
  • 出身小学校 光丘小学校
  • 委員会 なし
  • 得意科目 日本史
  • 苦手科目 英語
  • 座右の銘 猫にまたたび
  • 趣味 ペットショップめぐり・歯みがき
  • 好きな食べ物 ふわふわオムレツ・プリプリ海老フライ・シャリシャリかき氷
  • 好きな色 赤
  • 好きな映画 アニメ・ファンタジー
  • 好きな本 アイドル雑誌
  • 好きな音楽 Jポップ
  • 好みのタイプ 明るい子・一緒にいて笑いあえる子
  • 苦手な物(事) 夜のトイレ
  • よく訪れる学校のスポット 体育館
  • 行きたいデートスポット 遊園地
  • おこづかい使用例 レアものスニーカーを買うための資金
  • 今一番欲しい物 新しいニット帽
  • 日課 兄弟とのチャンネル争い
  • テニス以外の特技 料理、ハエたたき、昆虫採集、持久力トレーニング1日4時間

必殺技

アクロバディック

柔軟な身体と瞬発力を活かしてどんな無理な体勢であろうとボールを打ち返すことができる。

菊丸印のステップ

左右に高速で動くことにより残像を生み分身したかのように見せる。分身は2人だけでなく3人になることも可能で、シングルスではこれを利用して一人でダブルスをやってのけたことから左右だけでなく前後にも分身可能な様子。

菊丸ビーム

必殺のジャンピングボレー。技というよりはノリで名前をつけたようなもの。

菊丸バズーカ

シングルス戦で見せたストロークのパワーショット。これもたぶんノリだろう。

オーストラリアン・フォーメーション

前衛がセンターラインをまたぐように立ち、後衛も通常よりセンターよりの位置でサーブを打つフォーメーション。サーブを打つと同時に前衛がどちらに動くかというプレッシャーを相手に与えることができる攻撃的なフォーメーション。

同調(シンクロ)

サインやアイコンタクトすらなしにペアが何を考えどう動くかがお互いにわかるというピンチの際に稀に起こりうるダブルスの奇跡。全国大会で大石とともに目覚め、決勝では自在に操れるようにまでなった。

スポンサード リンク

シェアして下さると嬉しいです

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事を面白いと思っていただけましたら是非ソーシャルでお友達とシェアして下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加