破滅への輪舞曲(ロンド)

破滅への輪舞曲(ロンド)
出典:テニスの王子様 第17巻 152ページ 著者:許斐剛

破滅への輪舞曲(ロンド)は1打目のスマッシュを相手の手首に当ててラケットを弾き、返ってきた打球を2打目のスマッシュで確実に決める跡部景吾の技。手塚戦では一瞬でラケットの面に当てられたうえ手塚ゾーンの回転をかけて返され、越前戦では無我の境地によってコピーされるなど意外と活躍していない。

技データ

  • 球威
  • そもそもがスマッシュのため威力は跡部のショットの中でも最高峰と言っていいだろう。相手を直接狙う容赦のない技だが怪我させないだけまともな技と言える。

  • 使い勝手
  • コート上で常に動く相手の手首を的確に狙えるだけのコントロールがあるなら最初から相手のいない場所に打ってしまえば決められるだろう。しかしただ決めるだけでは飽き足らず相手を絶望に叩き落とすのが跡部の美技へのこだわりなのだろう。

  • 回転量
  • スマッシュなので回転をかける必要はなく叩きつけるようにして打つ。

  • 決定力
  • オープンコートに打てば十分決まるものをわざわざ相手めがけて、それも少し手を動かせばラケットに当たる手首を狙って打つため反応されれば返球される恐れがある。

テニス経験者から見た 破滅への輪舞曲(ロンド)

そもそも相手の手首に当てた時点でたとえボールが返ってこようがポイントになるため2球目は必要ないというのが実際のところ。それでも返ってきたボールを容赦なくコートに叩き込む跡部様の行為はもはやイジメである。

スポンサード リンク

シェアして下さると嬉しいです

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事を面白いと思っていただけましたら是非ソーシャルでお友達とシェアして下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加