真田弦一郎

真田弦一郎
出典:テニスの王子様 第39巻 82ページ 著者:許斐剛

真田弦一郎は立海大付属中の副部長。幸村、柳とともに立海三強の一人で幸村・手塚の不在時は中学テニス界の頂点に立つ男とされた。異名は皇帝。中学生とは思えない身長、体格と老け顔、さらには「たるんどる」「たわけ」などの古風な口調のため部の内外から年齢詐称疑惑を持たれている。

性格は厳格そのもので他人に厳しく自分にはさらに厳しい。病気のため入院中の幸村と交わした「俺達は無敗でお前の帰りを待つ」という約束から勝利に強い執着を持ち、敗北した部員には鉄拳制裁を喰らわし、自身が敗北した際はレギュラーたちに自分への鉄拳制裁を要求した。

祖父の影響で4歳の頃から武道を嗜んでおり、毎朝4時に起床し座禅や剣の稽古を行っている。小学6年生の時に手塚に野試合で敗北したことから弦一郎は立海が全国を二連覇しても手塚を倒していないことに常にわだかまりを感じていた。

真田弦一郎 能力チャート

  • パワー
  • 風林火山の「火」は相手のラケットを吹き飛ばすほどの威力を持ち、それ以上の威力を持つ「雷」や目にも止まらぬ高速スイングを必要とする「風」をも使いこなす。

  • フットワーク
  • リョーマとの試合ではあまり言及されなかったが手塚との試合では光速で移動する「雷」で人間離れしたスピードを見せつけた。

  • テクニック
  • あらゆるプレースタイルを高いレベルで実現している高度のオールラウンダー。

  • ゲームメイク
  • 相手との真っ向勝負を信念とし、相手の得意なプレーで正面から叩きのめす。と言えば聞こえはいいがオールラウンダーの本分は多数の引き出しの中から相手に最も有効な戦術を引き出すことのため卓絶したテクニックを活かしきれていないとも言える。

  • カリスマ性
  • まるで軍人のようなリーダーシップの取り方をする。それでも真田の信頼が厚い理由は誰よりも自分に厳しいためだろう。

プロフィール

  • 誕生日 5月21日
  • 星座 牡牛座
  • 血液型 A型
  • 身長 180cm
  • 体重 68kg
  • 利き腕 右
  • プレースタイル オールラウンダー
  • 委員会 風紀委員会(委員長)
  • 足のサイズ 27.5cm
  • 視力 左右2.0
  • シューズ YONEXパワークッション21(SHT-21)
  • ラケット BABOLAT VSドライブ
  • 趣味 筋肉トレーニング、書道、将棋
  • 得意科目 体育、歴史
  • 苦手科目 なし
  • 好きな食べ物 なめこの味噌汁、肉
  • 好きな色 黒、グレー
  • 好きな映画 時代劇
  • 好きな本 歴史小説、浮世絵画集
  • 好きな音楽 和楽器系
  • 座右の銘 断じて行えば鬼神も之を避く
  • 出身小学校 神奈川第一小学校
  • よく訪れる学校内スポット 和室(書道の練習の為)
  • お小遣い使用例 貯金
  • 好みのタイプ そんなことを聞くとはたるんどる!(ご満悦気味)
  • 行きたいデートスポット デート?くだらん!
  • 今一番欲しいもの 骨董品店で見つけた壺
  • 日課 座禅、剣道の早朝稽古
  • 苦手なもの(事) 流行
  • テニス以外の特技 居合い、剣道
  • 毎日の起床時間 4時
  • 真田の書 常勝無敗

必殺技

無我の境地

幸村、千歳とともに無我の境地を自在に扱える一人だが無我の著しい体力消費と自身の技への信頼から滅多に使わない。

風林火山

4つの異なるプレースタイルを高いレベルで自在に使い分ける。中には「火」のグランドスマッシュなど、もはやプレースタイルというより技と呼ぶべきものもある。

風林火陰山雷

風林火山に封印していた「雷」と「山」を加えたもの。

スポンサード リンク

シェアして下さると嬉しいです

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事を面白いと思っていただけましたら是非ソーシャルでお友達とシェアして下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加