波動球

波動球
出典:テニスの王子様 第16巻 76-77ページ 著者:許斐剛

波動球は不動峰中の石田鉄の打つ渾身のフラットショット。あまりの威力に打った本人や打ち返した相手までも手首や腕を負傷してしまう危険な技のため部長の橘から使用を制限されている。後に河村が会得し、全国大会では石田鉄の兄・銀によって考案された技であることが明らかになった。

テニスの王子様をスポーツ漫画からバトル漫画に導いた技。この技が出ると必ずと言っていいほど手首を痛める、腕が折れる、観客席まで人間が吹き飛ぶなどのバトル展開が約束される。

技データ

  • 球威
  • 上述のとおり通常では考えられないほどの威力でこの技を打てるキャラクターが登場したら最後、試合はポイントによる決着ではなくどちらかが負傷して棄権負けすることになる。

  • 使い勝手
  • 体制さえ整えば打つことは可能だが河村の両手波動球と考案者の石田銀以外は1試合に何発も打てる代物ではないため避けてしまえば打った本人が腕を痛めるだけの結果となる。よほど(自分の腕よりも)大事なポイントでしか使えないだろう。

  • 回転量
  • エネルギーの全てを威力に回しているため回転はほとんどかかっていないだろう。

  • 決定力
  • かなりの確率でポイントできるが相手が自分以上の力自慢だった場合返されてしまう可能性がある。実際には河村や樺地、石田銀などが相手の波動球を返球している。

テニス経験者から見た 波動球

テニスはいつからこんな危険なスポーツになってしまったのだろうか。彼らはテニスボールではなく鉄球でも使ってラリーしているのではないだろうか。

実はふざけて野球の硬式ボールをラケットで打ってみたことがあるが波動球も多分そんな感じなのだろう。(危ないので絶対にマネしないで下さい)

スポンサード リンク

シェアして下さると嬉しいです

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事を面白いと思っていただけましたら是非ソーシャルでお友達とシェアして下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加