橘杏

橘杏
出典:テニスの王子様 第14巻 26ページ 著者:許斐剛

橘杏は橘桔平の妹。瞳の大きなツリ目と前髪をセンターで分けたオカッパ頭が特徴。不動峰の女子テニス部に所属しているが男子テニス部と行動を共にすることが多く、ストリートテニス場でよく会う玉林中のメンバーとも仲が良い。九州にいた頃は髪をツインテールにしていた。

勝気で正義感が強くストリートテニスを弱者のたまり場と罵った跡部に食ってかかったり、シューズをうっかり踏んだ桜乃からクリーニング代を強請り取ろうとした佐々部(弟)を窘めたこともある。

橘杏 能力チャート

  • パワー
  • 桃城いわく意外と重い球を打つらしくラリーの中では強打も見せた。

  • フットワーク
  • テニスをしているシーンは桃城とのラリーしか描かれていないため詳しくは不明だが女子テニス部で本人もテニスは好きなのでそれなりに走れるくらいの体力はあるだろう。

  • テクニック
  • 越前と桃城がストリートテニス場でダブルスを挑んだ際は全くダブルスになっていないことをすぐに見抜いた。桃城ともそれなりにラリーを続けられる程度の実力はある。

  • ゲームメイク
  • 作中では一切試合をしていないがテニスに関する見識は確かなもの。

  • カリスマ性
  • 特筆するようなことはないが不動峰のメンバーや玉林のメンバーとも仲がよく誰とでもそつなく話すことができる。

スポンサード リンク

シェアして下さると嬉しいです

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事を面白いと思っていただけましたら是非ソーシャルでお友達とシェアして下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加