平善之

平善之
出典:新テニスの王子様 第6巻 142ページ 著者:許斐剛

平善之(たいら よしゆき)はU-17日本代表候補合宿に参加している高校生。元四天宝寺中テニス部の伝説の部長の一人で愛称は「ヒラゼン」。「笑いの狙撃手(ヒットミェ~ン)」の異名も。名前のモデルはお笑いコンビ・アメリカザリガニの平井善之からで、アニメでの声優も同人物が務めた。

U-17日本代表のNo.18として海外遠征に行っており、帰国後の二軍戦では原哲也と組んで快勝。しかし待ち構えていた負け組(崖上コート組)の忍足謙也・桃城ペアと対戦を挑まれる。

規格外のお笑いと相手のガットを撃ち抜く得意技「バキュ~ン」で優位に立つも、そのショットを桃城の「ブラックジャックナイフ」で返され、ペアの原ともどもガットを突き破られてそのまま敗北。自身と原のバッジを二人に渡した。

平善之 能力チャート

  • パワー
  • ガットを撃ち抜くほどの鋭いショットを放つパワープレイヤー。しかし崖の上での特訓を積んだ桃城には及ばなかった。

  • フットワーク
  • 唯一の対戦がダブルスのため不明。とはいえ遠征組に入っていたからには相応の足さばきは備えているだろう。

  • テクニック
  • 特筆するようなテクニックは披露してくれなかった(その代わりにネタを披露してくれた)が、ダブルスの基礎的な動きはかなりのレベルでできているのだろう。

  • ゲームメイク
  • 作中で描かれた限りでは得意の「バキュ~ン」を返されてしまってからはそのまま敗北したように見える。いかに必殺とはいえダブルスでストロークの強打が唯一の頼りなのはいかがなものだろうか。

  • カリスマ性
  • 四天宝寺中テニス部の部長を務めたことからも高いカリスマ性を持っていることが伺える。「伝説の部長」という肩書を考えればもう少し高く評価しても良さそうだが、そう言っているのが謙也1人のため大阪特有のノリで言っているフシもありそうだ。

プロフィール

  • 学年 高2
  • 誕生日 7月20日
  • 星座 蟹座
  • 血液型 B型
  • 身長 185cm
  • 体重 76kg
  • 利き腕 左
  • プレースタイル アグレッシブ・ベースライナー

必殺技

バキュ~ン

相手のガットを撃ちぬく必殺のストローク。いやたぶんストロークなのだが、打つ時の立ち位置を見るとドライブボレーのような気もする。まぁ立ち位置がおかしいのはいつものことなのでフォームと威力から察するにストロークなのだろう。

桃城がブラックジャックナイフを打った時はなぜかガットを貫通できなかった。

スポンサード リンク

シェアして下さると嬉しいです

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事を面白いと思っていただけましたら是非ソーシャルでお友達とシェアして下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加