加藤勝郎

加藤勝郎
出典:テニスの王子様 第3巻 10ページ 著者:許斐剛

加藤勝郎はおかっぱ頭が特徴のリョーマの同級生。青学の部員としてリョーマたちレギュラーを応援している。父親はテニスクラブのコーチで、入学後すぐにテニス部に訪れたことからも多少の心得はあるのかもしれないが、意地の悪い先輩に誘われたサーブで缶を当てるゲームではかすりもしなかった。

加藤勝郎 能力チャート

  • パワー
  • 中学1年生としては珍しくない身長だがその後登場した選手たちと比べるとかなり小柄。入部したばかりでトレーニングも重ねていないため身体ができてくるのはこれからだろう。

  • フットワーク
  • 非レギュラーで試合をさせてもらえない、または練習試合を行っていたとしても描かれていないがそのことが現時点での実力を物語っている。

  • テクニック
  • サーブを缶に当てるゲームでは全く当たる気配がなかった様子。ただし10球で当てるのは普通に難しいため現実的なレベルで言えばそれだけで下手と決められるようなものではない。

  • ゲームメイク
  • 経験が浅いためこれから学んでいくことになるだろう。父親がテニスコーチという職業のため本気で取り組めばいくらか有利な状況にはある。

  • カリスマ性
  • 温厚でおとなしい性格のため人あたりはいいが外見的にも内面的にもまだまだ頼りなさがある。

プロフィール

  • 誕生日 3月2日
  • 星座 魚座
  • 血液型 A型
  • 身長 148cm
  • 利き腕 右

スポンサード リンク

シェアして下さると嬉しいです

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事を面白いと思っていただけましたら是非ソーシャルでお友達とシェアして下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加