仁王雅治

仁王雅治
出典:テニスの王子様 第24巻 31ページ 著者:許斐剛

仁王雅治は立海大付属中の3年生。相手の裏をかき欺く謀略と他人のプレイスタイルや技をほぼ完璧に模倣するイリュージョンからコート上の詐欺師(ペテンし)と呼ばれている。その精度から幸村をもって「真田にもそして俺にだってなれる」「立海で最も恐ろしい」と言わしめるほど。

普通に話すこともあれば広島や高知の方言混じりで話したりさらには「プリッ」「プピッ」など語尾に意味のわからない言葉を付けることもありその本心は謎に包まれている。そのためか全国大会まで幸村ですら仁王のイリュージョンの恐ろしさに気づいていなかった。

関東大会決勝ではダブルス1で大石・菊丸ペアと対戦。序盤は柳生と入れ替わり混乱させたうえ中盤からは二本のレーザービームによる猛攻で6-4で勝利。全国大会では手塚や白石を模倣し不二を追い詰めるが第六の返し球「星花火」によって5-7で敗北した。

さらなるイリュージョン

新テニスの王子様の脱落タイブレークマッチでは柳生と対戦するも逆にペテンに掛けられ敗北。崖の上のコートでの特訓後合宿に復帰し1軍の陸奥兄弟との対戦では菊丸になりきり大石との同調(シンクロ)したほか対戦相手である陸奥兄弟になりきって同調し思考を読んで勝利。No.15のバッジを取得した。

1軍入れ替え戦では跡部とダブルスを組み越知・毛利ペアと対戦。イリュージョンで手塚になりきり全国大会では打てなかった零式サーブを打つなどさらに精度を上げていたが「手塚国光なら最後まで諦めない」と限界を超えてヒジを酷使したことにより負傷。

リョーマになりきって右腕でサーブを打つなど戦線に復帰しようとするがもはやイリュージョンすらままならずコートに倒れ込んだままセットを落としファイナルセットへともつれ込む。

しかし倒れ込んでいたことにより相手の足元をずっと見ており跡部になりきることで跡部と同調してその情報を伝達、最後はネット前に落ちたボールを打ち返し自らの手で勝利を決めた。これにより更に上位の1軍バッジを取得したものの手塚になった際に酷使した腕のリハビリのため事実上のリタイアとなった。

仁王雅治 能力チャート

  • パワー
  • 新テニスの王子様では樺地になることでパワーを増していたことから、他人の身体能力すら模倣できるようになったとすればその身体能力は天井知らずと言える。

  • フットワーク
  • 上記の通りだとすると同様にフットワークもいくらでも良くなるだろう。

  • テクニック
  • イリュージョンによって技どころか無我の奥の扉であるはずの百錬自得の極みや才気煥発の極みすら模倣してみせた。そのうち天衣無縫すら模倣してみせるのではないだろうか。

  • ゲームメイク
  • 対戦相手を欺きペテンに掛ける立海一の謀略家。

  • カリスマ性
  • 本心を全く見せないうえそれがあからさまにわかることから他人の信頼を得づらいタイプだろう。

プロフィール

  • 誕生日 12月4日
  • 星座 いて座
  • 血液型 AB型
  • 身長 175cm
  • 体重 62kg
  • 利き腕 左
  • プレースタイル オールラウンダー
  • 足のサイズ 27cm
  • 視力 左右2.0
  • ラケット prince(MORE POWER 1150 S)
  • シューズ YONEXパワークッションワイド271(SHT-271W)
  • 出身小学校 不明(南の方の小学校出身らしい)
  • 得意科目 数学
  • 苦手科目 音楽
  • 座右の銘 黒い白馬にまたがって前へ前へとバックした
  • 趣味 ダーツ
  • 好きな食べ物 焼肉
  • 好きな色 青
  • 好きな映画 『8 1/2』
  • 好きな本 『詐欺師の楽園』
  • 好きな音楽 ジャズ
  • 好みのタイプ かけひき上手な人
  • 苦手な物(事) 暑さ
  • よく訪れる学校のスポット 屋上
  • 行きたいデートスポット 海
  • おこづかい使用例 秘密
  • 今一番欲しい物 ネジとドライバー(何に使うのか不明)
  • 日課 授業の予習復習?
  • テニス以外の特技 射的、ガンシューティングゲーム
  • 1日の平均摂取カロリー 約2000kcal
  • 真田の書 「虚心坦懐」

必殺技

イリュージョン

他人のプレースタイルや技を完璧に近い制度で模倣することであたかもその人物になったかのようにプレーすることができる。手塚や白石、真田や幸村にすらなることができる。
全国大会では手塚の零式サーブが打てなかったことから自身の身体能力以上の模倣は不可能かに思われたが、新テニではパワー不足を指摘された際樺地になりパワーを増していたため零式サーブは負傷を心配して打たなかったのではないかとも考えられる。

メテオドライブ

仁王が乾の夢の中で放った技。はるか上空にボールを打ち上げ予測不可能な軌道で落下する技で夢の中では不二はこれを返せず圧倒されていたが、実際の試合では不二の放った星花火こそがまさにこの技であり、これを返せずに敗北したのは仁王だった。

スポンサード リンク

シェアして下さると嬉しいです

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事を面白いと思っていただけましたら是非ソーシャルでお友達とシェアして下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加