不知火知弥

不知火知弥
出典:テニスの王子様 第31巻 90ページ 著者:許斐剛

不知火知弥は比嘉中学校のレギュラーメンバーの中でもダントツの肺活量と忍耐力を持ち常に最後まで海に潜り続けることができる。しかし全国大会では青学の勝利が確定したあとの第四試合で乾・海堂ペアに1コマで敗北した。

そもそもスタミナが売りの選手をダブルスに起用したことも不思議だが、ダブルスはレベルが上がれば上がるほど少ない球数でポイントが決まるようになるためラリーが続かなくなるにもかかわらずスタミナ切れで敗北したことから、本当に彼がダントツの肺活量と忍耐力を持っているとすれば比嘉中のメンバーはよほどスタミナがない選手の集まりであることになってしまう。

不知火知弥 能力チャート

  • パワー
  • あまりにもあっけなく敗北してしまったためボールを打つシーンすら描写されなかったが体格や二の腕を見る限りパワーに自信がある選手ではないだろう。

  • フットワーク
  • ダブルスで、それもスコアは6-3の1セットで動けなくなるような持久力ではシングルスでは3ゲームと持たず動けなくなってしまうのではないだろうか。乾のサービスゲームがほとんどサーブだけで終わったであろうことを考えればさらにスタミナは必要ないため情けない限りだ。

  • テクニック
  • 打球を披露することなく散ってしまったがあのスタミナではラリー中に動けなくなってまともにテニスなどできないだろう。

  • ゲームメイク
  • あれだけスタミナがないと選択肢がほとんどない。全てのポイントでサービスエースとリターンエースを狙いに行くくらいしかないだろう。

  • カリスマ性
  • ダブルス1セットで倒れこむほどスタミナのない選手には残念ながら何も期待できない。テニス以外の面が描かれていればもう少しフォローする余地はあったのかもしれないが。

プロフィール

  • 誕生日 1月15日
  • 星座 やぎ座
  • 血液型 A型
  • 身長 179cm
  • 体重 75kg
  • 利き腕 右

スポンサード リンク

シェアして下さると嬉しいです

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事を面白いと思っていただけましたら是非ソーシャルでお友達とシェアして下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加