ブラックジャックナイフ

ブラックジャックナイフ
出典:新テニスの王子様 第1巻 114ページ 著者:許斐剛

ブラックジャックナイフは鬼十次郎の放つ桃城のものとはパワーもキレも倍以上のジャックナイフ。入れ替え戦(シャッフルマッチ)で当たった桃城の両手首を一撃でラケットが握れないほどに負傷させたが、崖の上のコートでの特訓後は桃城もブラックジャックナイフを打てるようになった。

技データ

  • 球威
  • もともとジャックナイフはジャンプすることによって通常よりも高い打点からボールを叩き込む技のため攻撃力が高く、それをさらに進化させたブラックジャックナイフは対戦相手のラケットを吹き飛ばす程の威力だった。

  • 使い勝手
  • バックハンドの高い打点はシングルハンド(片手)なら力が入りづらく打ちにくいが、両手バックハンドはそれを克服しているうえジャックナイフの使い手にとっては絶好球にもなり得る。

  • 回転量
  • 高い打点から叩き込むショットのため回転はあまりかける必要がなく、むしろボールスピードを増すためになるべくフラットで打っているだろう。

  • 決定力
  • ボールの威力に加え前方に飛びながら打つことでタイミングも早めることができるため決め球には絶好の技。

テニス経験者から見た ブラックジャックナイフ

桃城の打っていたジャックナイフが未完成版だったとするならばこちらは精度を上げた完成版といったところだろうか。実際に空中でボールを捉えるジャックナイフはタイミングやボディバランスが難しいため即席で会得した桃城のジャックナイフにはまだまだ伸びしろがあったのかもしれない。

ちなみに日本人プロテニス選手として有名な錦織圭選手のエア・ケイはジャックナイフの動作をフォアハンドで行ったもの。

スポンサード リンク

シェアして下さると嬉しいです

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事を面白いと思っていただけましたら是非ソーシャルでお友達とシェアして下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加