ナックルサーブ

ナックルサーブ
出典:テニスの王子様 第22巻 79ページ 著者:許斐剛

ナックルサーブは切原赤也の打つ本人以外どこに跳ねるか予測不能のサーブ。指を立ててボールを握り押し出すようにトスをあげることで特殊な回転をかけており、リョーマとの草試合で赤目モードになった際は執拗に膝を狙い続けて再起不能に追い込もうとした。

技データ

  • 球威
  • サーブを当てられたリョーマの膝が腫れ上がっており一緒にいたジャッカルも再起不能を心配していたことから尋常ならざる威力があるようだ。彼らの打つボールは鉄か何かでできているのだろうか。

  • 使い勝手
  • サーブのため打つタイミングは問わないうえどういうわけか打った本人だけが跳ねる方向がわかる優れモノ。

  • 回転量
  • リョーマの顔に向かって跳ね上がらせることもできるほど強烈な回転をかけることができるが回転量でいえば非現実的な数々の技と比べると見劣りする。

  • 決定力
  • 抜群の反射神経を持つリョーマでさえなかなか返球できず何度もボールに当たってしまっていた。それほどの高速で不規則にバウンドするのであれば返球自体困難なうえ仮に返球できたとしても次で決めることができる甘い球が返ってくる可能性が高い。

テニス経験者から見た ナックルサーブ

野球のナックルのように不規則に変化するボールは無回転のはずだが、このナックルサーブは回転をかけているにもかかわらず相手には跳ねる方向がわからないという不可解なもの。

特にサーブの距離や一度バウンドさせるというルール上テニスの場合無回転で打ったとしてもそれほど不規則に変化することはなく、回転をかけた場合はどういった方向だろうと回転方向は一方向になるためバウンドする前のボールの軌道からある程度予測できるはずである。

スポンサード リンク

シェアして下さると嬉しいです

最後まで読んでいただきありがとうございます。この記事を面白いと思っていただけましたら是非ソーシャルでお友達とシェアして下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加